電解研磨

Home 電解研磨
denkai_p01

電解研磨の原理

製品を電解研磨用水溶液中に浸漬させながら電流を流し、電気化学的に溶解させ、表面の微細な凹凸を除去する事で表面が平滑になり鏡面化すると同時に強固な酸化皮膜が形成されて耐食性が向上します。

電解研磨の目的と特性

denkai_p02

① 耐腐食性向上
素材を変えずに製品の耐腐食性を良くしたい。

金属表面に意図的に酸や溶液による腐食作用に抵抗する強固な酸化皮膜を形成させる事で製品の耐食性を向上させます。

② 光沢度向上
バフ研磨をしないで製品を鏡面仕上げにしたい。

当社では、金属光沢度の向上を目的とした鏡面電解液を開発致しました。従来の電解研磨では得られないバフ研磨と同等の鏡面仕上げを施す事が可能です。

denkai_p03
denkai_p04

③ 溶接焼け除去
溶接焼けの部分を綺麗に光沢のある状態にしたい。

製品表面の微細な凹凸を除去することで、溶接焼け部分のスケール残を除去し、 金属光沢のある状態にします。

④ バリの除去
プレスバリや切削バリを除去したい。

製品表面の凸部により多くの電流が流れて凹部より早く溶解されることでプレスや切削によるバリを除去することが出来ます。

denkai_p05

電解研磨の工程

denkai_p06

金属表面処理技術についての詳細は、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ