酸洗

化学研磨とは、化学研磨液を熱し、化学反応を起こさせ、
その液中に製品を浸漬させて光沢研磨を施す処理です。

Home 酸洗
sansen_p01

酸洗の原理

製品を酸系の水溶液に浸漬し、製品表面がエッチィングにより溶解されることで表面を活性化させ酸化被膜を形成させる処理です。

酸洗の目的と特性

sansen_p02

① 製品の溶接焼けやスケールを除去したい。

製品の表面がエッチィングされることで、溶接焼けやスケールが除去され全面が均一な梨地肌に仕上がります。

② 複雑な形状で製品内面まで処理したい。

酸系の水溶液に浸漬するので、水溶液が入る部分は全て均一に処理することが可能です。

③ 製品の耐食性を向上させたい。

酸系の水溶液に浸漬させることで、表面に酸化被膜が形成され耐食性を向上させます。

酸洗の工程

sansen_p03

金属表面処理技術についての詳細は、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ